抗酸化物質

抗酸化物質とは?

抗酸化物質は、細胞にダメージを与えるフリーラジカルから人間の体を守るのに役立ちます。フリーラジカルまたは「酸化」は人間の体の自然な代謝過程の産物です。フリーラジカルは人間の免疫システムを悪化させ、老化に関連する様々な慢性疾患や病気を引き起こします。心臓病や脳梗塞、循環器系の問題、癌、アルツハイマー、糖尿病、そして老化そのものを、体内のフリーラジカルの危険度と結びつける、広範囲な科学的証拠があります。

抗酸化物質はまさに最高の健康を達成し維持する基礎にあります。フリーラジカルの生成は抗酸化物質により抑制されることが可能です。たった一つのまたは少数の抗酸化物質は、全面的に沢山ある抗酸化物質よりもはるかに少ない、フリーラジカルによる被害に対する保護を提供します。これは抗酸化防御系が協調して働いているためです。最大限の保護にはたくさんの抗酸化物質が必要になります。