使命

社会貢献を重んじるビアビエンテ社

「私はこれまで生きてきて、自分の使命に気付くことがとても重要であると気づきました。私は自分の使命として健康に良い飲料を開発しました。そして世界中の人々に恩返しをするのが私達の義務であると感じています。」–クレッグ・キーランド

人の心を満たすための努力

キーランド会長は「橋やビルを建てたり、お金を稼いだりすること以上に大切なことは、人のために何かすること、人の心を豊かにし、喜びや希望をもたらすこと」であると信じています。

この信念はキーランド会長とビアビエンテ社の理念となりました。

人に恩返しをすることの大切さを認識する

「ビアビエンテは、『多く与えられた者には多くが期待される』という理念に応え、 製品開発のきっかけとなったビルカバンバの人々に恩返しをしていきます。」

キーランド会長のこの気持ちからアンデス子供基金が設立されました。
ビルカバンバの人々は食生活のおかげで、地球上で最も健康で長生きする人々で、精神的には地球上で最も豊かな人々ですが、物理的にはあまり恵まれていません。

ビルカバンバのかわいい子供達は私達の未来でもあります。

この地域の方々に恩返しをするため、そして子供達に明るい未来を約束するため、ビアビエンテは2003年に、ビアビエンテの販売開始と同時にアンデス子供基金を設立しました。

ビアビエンテ社経営本部およびリーダー達からの寄付を通して、ビアビエンテ社はビルカバンバの10の学校に支援してきました。鉛筆、紙、教科書、机、椅子、テーブル、コンピューター、プリンターなど、必要とされている基本的な学校用品を支給しています。

ビルカバンバの人々は食生活のおかげで、地球上で最も健康で長生きする人々です。彼らは精神的には地球上で最も豊かな人々ですが、物理的にはあまり恵まれてはいません。

ビルカバンバ渓谷の美しい子供達は私達の未来でもあります。

この地域の方々に恩返しをするため、そして子供達に明るい未来を約束するため、ビアビエンテは2003年に、ビアビエンテの販売開始と同時にアンデス児童基金を設立しました。

ビアビエンテの経営本部とリーダー達の寄付を通して、ビアビエンテはビルカバンバの10の学校に支援してきました。鉛筆、紙、教科書、机、椅子、テーブル、コンピューター、プリンターなど、必要とされている基本的な学校用品を支給しています。ビルカバンバの人々は食生活のおかげで、地球上で最も健康で長生きする人々です。彼らは精神的には地球上で最も豊かな人々ですが、物理的にはあまり恵まれてはいません。

ビルカバンバ渓谷の美しい子供達は私達の未来でもあります。

この地域の方々に恩返しをするため、そして子供達に明るい未来を約束するため、ビアビエンテは2003年に、ビアビエンテの販売開始と同時にアンデス児童基金を設立しました。

ビアビエンテの経営本部とリーダー達の寄付を通して、ビアビエンテはビルカバンバの10の学校に支援してきました。鉛筆、紙、教科書、机、椅子、テーブル、コンピューター、プリンターなど、必要とされている基本的な学校用品を支給しています。

ビルカバンバの人々は食生活のおかげで、地球上で最も健康で長生きする人々です。彼らは精神的には地球上で最も豊かな人々ですが、物理的にはあまり恵まれてはいません。

ビルカバンバ渓谷の美しい子供達は私達の未来でもあります。

この地域の方々に恩返しをするため、そして子供達に明るい未来を約束するため、ビアビエンテは2003年に、ビアビエンテの販売開始と同時にアンデス児童基金を設立しました。

ビアビエンテの経営本部とリーダー達の寄付を通して、ビアビエンテはビルカバンバの10の学校に支援してきました。鉛筆、紙、教科書、机、椅子、テーブル、コンピューター、プリンターなど、必要とされている基本的な学校用品を支給しています。ビルカバンバの人々は食生活のおかげで、地球上で最も健康で長生きする人々です。彼らは精神的には地球上で最も豊かな人々ですが、物理的にはあまり恵まれてはいません。

ビルカバンバ渓谷の美しい子供達は私達の未来でもあります。

この地域の方々に恩返しをするため、そして子供達に明るい未来を約束するため、ビアビエンテは2003年に、ビアビエンテの販売開始と同時にアンデス児童基金を設立しました。

ビアビエンテの経営本部とリーダー達の寄付を通して、ビアビエンテはビルカバンバの10の学校に支援してきました。鉛筆、紙、教科書、机、椅子、テーブル、コンピューター、プリンターなど、必要とされている基本的な学校用品を支給しています。
地域社会への恩返し

2005年9月に、ハリケーン・カトリーナが アメリカ南東部を襲いました。ビアビエンテ社は被害を受けたビアファミリーメンバーに合計5万ドルの義援金を直接送りました。そのうちの2万5000ドルは創立者兼社長のクレッグ・キーランドが個人的に寄付したものでした。

しかし、ビアビエンテ社の「恩返し」の理念はそこで終わることはありませんでした。2006年、ビアビエンテ社は以下の団体への支援を開始しました。

コンタクト・クライシス・ライン

コンタクト・クライシス・ラインは、ダラス・フォートワース地域を担当する重要な危機介入プログラムです。コンタクト・クライシス・ラインは情緒的な危機に直面している個人を助け、健康的な生活を取り戻すための選択肢を提示します。クレッグ・キーランドは、コンタクト・クライシス・ラインのチャリティーのため、ジェイ・レノが司会の「トゥナイトショー」に出演しました。その後クレッグは、ビアビエンテの世界中のファミリーメンバーを代表して、個人的にコンタクト・クライシス・ラインに1万ドルを寄付しました。

MDアンダーソン児童がんセンター

ビアビエンテ社は、アンダーソン児童がんセンターへの募金活動として8日間アメリカ大陸をノンストップで横断する自転車レースへ募金しました。そしてエミリーという女の子が、子供だけに発病する珍しい癌にかかったことを知ったキーランド会長と友人らは、この癌への治療法発見の研究資金へ募金もしました。

ビアビエンテ社からの2万ドルの寄付は自転車レースを支援し、この珍しい小児癌の治療法を見つけるための追加資金となりました。

スーザン・G・コーメン乳がん基金 レース・フォー・キュア

キーランド会長の長年の友人であるナンシー・ブリンカーは、乳がんを患った彼女の姉を追悼してコーメン乳がん基金を20年以上前に設立しました。

ビアビエンテ社は、ダラス・ベイラー病院により実施される乳がんの研究を支援しています。

ダラス・ウィメン・イン・フィルムのトパーズ賞と奨学金制度

ダラス・ウィメン・イン・フィルムは、この専門職に進もうとしている若い女性の指導に全力を注ぐ、映画、テレビそしてビデオ業界の女性の専門的組織です。

毎年、ダラス・ウィメン・イン・フィルムは映画またはテレビ製作の学位取得を目指す2人の女性に奨学金を与えています。2006年、ビアビエンテはダラス・ウィメン・イン・フィルム、トパーズ賞(奨学金資金集めのための祝祭)の公式スポンサーとなりました。

東日本大震災への支援

2011年3月11日、日本を襲った東日本大震災の被災地に、ビアビエンテ社は製品5000本を送りました。アドバイザリーボードを務めてくださる川村富美子先生のご助力で、日本女医会により、被災地の避難所で栄養の偏った食生活を余儀なくされている人々に製品が配られ、大変喜ばれました。

継続的な献身

ビアビエンテ社では、ビアファミリーそして地域社会への支援と力添えへの献身が日々実行されています。ビアビエンテ者は、他人を助け、恩返しをさせて頂く新しい機会を次々と探求しているのです。

ビアビエンテは引き続き恩返しをさせて頂き、他人を救うことの出来る大切な理念を支援します。