ビアの歴史

ビアビエンテとは何ですか?

ビアビエンテは、最高の健康をサポートするために作られた、抗酸化物質の多く含まれた天然ホールフルーツピューレブレンドです。ビアビエンテの最初のボトルが一般に販売された2003年7月、12年に渡る科学開発が実を結びました。

ビアビエンテの構想は1991年、会社の社長兼創立者であるクレッグ・キーランドの「より若く長く、若々しい状態で生きていくにはどうすればよいのだろうか?」との問いかけにより始まりました。

クレッグの探求は、64人に1人が100歳以上であるという(アメリカでは7000人に1人)アンデス山脈高地の熱帯雨林の中心深くにあるビルカバンバ渓谷へと導きました。科学者達は、遠くはなれた村について数十年に渡り研究してきました。医学記者であるモートン・ウォーカー博士は「ビルカバンバの住民は地球で世界でも有数の非常に健康な民族である。」と述べています。

1973年、ハーバード大学院医学部のアレキサンダー・リーフ博士は、ナショナル・ジオグラフィック誌にてこの驚くべきビルカバンバの人々を世界へ初めて紹介しました。1981年、エクアドル政府はモートン・ウォーカー博士にビルカバンバの人々の徹底的な研究を依頼しました。博士の著書「若々しく長い人生への秘密」で、ウォーカー博士は彼の研究によりビルカバンバの人々が飲んでいるミネラル豊富な水が彼らの長生きと健康の秘訣であることが分かったと報告しました。

更なる研究が、その地域で摂れた抗酸化物質を豊富に含んだフルーツによって構成されるビルカバンバの人々の食事が、彼らの驚くべき健康への重要な貢献要因であったということを明らかにしました。

その後、12年もの研究開発を経て、抗酸化物質を豊富に含んだフルーツとビルカバンバの水でビアビエンテが誕生しました。

製品に関心のある方はこちらまでお問い合わせ下さい。